乳ガンについて


  


  乳ガンとは?

   日本人の女性で乳ガンにかかる人は年々増加しています。

   現在、女性では胃ガンを抜いて最も頻度の高いガンです。

   毎年約3万人の女性が乳ガンにかかっています。

   乳ガンにはいくつか種類があり、主なものは、 乳管ガン(全体の約90%)と小葉ガン

   (全体の約10%)です。。


  自覚症状は?

   もっとも多い自覚症状は乳房のしこりです。

   その他、乳房のえくぼなど皮膚の変化や乳房の近くのリンパ節のはれなどがあります。 。


  検査方法

   最近よく行われているのがマンモグラフィー検査です。

   マンモグラフィー検査は乳房を装置に挟んで圧迫しX線撮影する検査です。

   触診では見つからないような小さなガンが見つかることがあります。

   定期検診として45〜50歳以上の女性に対して、年1回のマンモグラフィー検査を実施

   している市町村もあります。



  子宮ガンの病期分類

病期分類 症  状
0期または非浸潤ガン  発生した乳腺の中にとどまっているもので、早期のガン。
ステージT期  しこりの大きさが2cm(1円玉の大きさ)以下で、わきの下のリンパ節に
 は転移していない、つまり乳房の外に拡がっていないと
思われる段階。
ステージUa期  しこりの大きさが2cm以下で脇の下のリンパ節への転移がある場合。
 しこりの大きさが2〜5cmで脇の下のリンパ節への転移がない場合。
ステージUb期  しこりの大きさが2〜5cmで脇の下のリンパ節への転移がある場合。
ステージVa期  しこりの大きさが2cm以下で、脇の下のリンパ節に転移があり、しかも
 リンパ節がお互いがっちりと癒着していたり周辺の組織に固定している
 状態。
 または脇の下のリンパ節転移がなく胸骨の内側のリンパ節(内胸リン
 パ節)が腫れている場合。
 あるいはしこりの大きさが5cm以上で脇の下あるいは胸骨の内側のリ
 ンパ節への転移がある場合。
ステージVb期  しこりの大きさや脇の下のリンパ節への転移の有無にかかわらず、
 しこりが胸壁にがっちりと固定しているか、皮膚にしこりが顔を出したり
 皮膚が崩れたり皮膚がむくんでいるような状態です。
 炎症性乳がんもこの病期に含まれる。
ステージVc期  しこりの大きさにかかわらず、脇の下のリンパ節と胸骨の内側のリンパ
 節の両方に転移のある場合。
 あるいは鎖骨の上下にあるリンパ節に転移がある場合。
ステージW期  遠隔臓器に転移している場合。
 乳がんの転移しやすい臓器は骨、肺、肝臓、脳など。


  治療方法

    乳房温存手術

    乳房の一部だけを切除する方法で、乳房のふくらみや乳首を温存します。

    手術後には、体内に残ったがん細胞を殺すため、乳房に放射線を照射します。

    がんの大きさが3cm以上ある場合や、ガンが複数あって1回の手術で切除できない場合

    などのケースでは温存できないと考えられています。

   
    乳房切除手術

    ガンのある乳房全体を切除し、胸の大きい方の筋肉は残す方法があります。

    筋肉を温存できるので、手術後肋骨が浮き出ることがありません。

    最近では、わきを小さく切開し、内視鏡を使って内部の乳腺だけを取り除く手術を

    行っている医療機関もあります


    そのほかに、放射線治療、化学療法(抗がん剤投与)、ホルモン療法、などがあります



   もっと詳しい情報を知りたい方は「国立がんセンター・がん情報サービス」へどうぞ







  



                         
                       その他のコンテンツ

私の節約方法私の貯金道光熱費節約のススメなるべく得する!食費は月3万円
生命保険を徹底的に見直そう! |生命保険を見直そうガンについて
副収入GET |アフィリエイト編ポイントサイト編
妊娠・出産エトセトラ |妊娠出産お金辞典
マイホーム建築奮戦記 |マイホーム建築奮戦記住宅ローン奮戦記



生命保険を見直そう
保障内容を理解してますか?
公的保障って知ってますか?
公的保障の種類と金額
死亡保障はいくら必要?
高額療養費給付制度って?
上がり続ける自己負担
保障内容を書き出そう!
続々出てきた問題点
見直しは外交員さんとのバトル!?
比較検討して選ぼう!
見直し検討中に事件が!
「事件」に対して考えたこと
見直しBefore&After

ガンについて
ガンについて考えたこと
子宮頸ガンについて
子宮ガンについて
卵巣ガンについて
乳ガンについて
ガン保険について



























mochaさんちの節約生活 (C)2006 All Rights Reserved