◇ガン保険について◇


  


  「ガン保険は日本人なら入っておくべき」


  私なりに「ガン」という病気について色々調べた結論です。

  このサイトでは女性特有のガンについて調べたものを簡単にまとめています。

   しかし、調べれば調べるほど、ガンという病気の奥の深さとやっかいさに驚きました。

  確かに、今は早期発見、早期治療で「ガン」は死に直結する病気ではなくなっています。

  しかしその反面、医学の進歩とともに、ガン治療のための医療費は高額になってきています。


  そのため、「経済的な準備」が必要だと思います。

  つまり「治療費の確保=充分な医療保険」だと思うのです。


  私の伯父を例にあげて考えてみます。

  伯父は悪性リンパ腫というガンになりました。

  これは大変やっかいなタイプで、血液と一緒に全身にめぐっているリンパ液がガンにおかされるというもの

  でした。


  リンパ液のガンですから、手術で取り除くことも出来ず伯父は10ヶ月間入院しました。

  そして、時には
無菌室に入りながら抗ガン剤治療を受けました。

  結果、通院は欠かせないものの無事退院でき、今では少しずつ仕事も再開しています。


  そのあいだ、伯父と伯母の助けになったのはまぎれもなく「ガン保険」でした。


  その当時、伯父の子供たちは結婚して独立していたし、家のローンも終わっていたものの、伯母は専業主婦

  でした。


  そのため、伯父の入院とともに収入の道がなくなってしまったのです。

  子供が独立しているから、それほどお金は要らないかもしれない。

 でも、伯母も日々生活していかなくてはならない。

  短期の入院ですむなら、貯金を崩すのもいいと思います。

  しかし、伯父の場合は10ヶ月の入院を必要としました。


  伯父は日額15,000円支給されるガン保険に2口、5,000円支給される保険に1口入っていました。

  日額計35,000円出たのです。

  この金額は、伯父の治療費を払って、伯母の生活費もまかなえる金額でした。  


  そのおかげで伯母は伯父の治療費の心配も、自分の生活費の心配もせずにすみ、付きっ切りで伯父の看病

  をすることができました。



  もしも、伯父がガン保険に加入していなければ、伯父一家は1年近く無収入で、貯金を崩して生活しなければ

  いけなかったのです。



  確かに、伯父は普通の人に比べて多額のガン保険に加入していました。

  毎月の掛け金もかなりのものだったと思います。

  しかし、そのおかげで伯父と伯母は生活の心配をすることなく治療を受けることが出来ました。


  「医療保険」と「ガン保険」の違いをご存知でしょうか?

  「医療保険」しか入っていなくても、種類によってはガンになっても治療費は支給されます。

  夫の入っているアフラックのEVER HERFは怪我・病気・ガン全てをカバーしています。

  しかし、「医療保険」の場合では、給付金の支払日数制限があります。

  保険によって違いますが、夫の入っている保険は、普通だと入院60日までしか出ません。

  長期入院特約を付けても120日が限度なのです。


  伯父の長期入院にわたる闘病生活を目の当たりにしていた私は、ガンのときは120日以上の

  入院保障が欲しいと考えました。


  だから、「ガンで入院した場合、日数無制限で日額1万円」のガン保険に追加で加入しました。


  ガンの治療は本人にとっても家族にとっても、長くつらいものです。

  ガン保険」によって家族の経済的負担と精神的負担が軽減されるなら、日本人なら「ガン保険」には

  入っておいたほうがいいと私は思います。




  「ガン保険は日本人なら入っておくべき」


  私なりに「ガン」という病気について色々調べた結論です。

  このサイトでは女性特有のガンについて調べたものを簡単にまとめています。

   しかし、調べれば調べるほど、ガンという病気の奥の深さとやっかいさに驚きました。

  確かに、今は早期発見、早期治療で「ガン」は死に直結する病気ではなくなっています。

  しかしその反面、医学の進歩とともに、ガン治療のための医療費は高額になってきています。


  そのため、「経済的な準備」が必要だと思います。

  つまり「治療費の確保=充分な医療保険」だと思うのです。


  私の伯父を例にあげて考えてみます。

  伯父は悪性リンパ腫というガンになりました。

  これは大変やっかいなタイプで、血液と一緒に全身にめぐっているリンパ液がガンに

  おかされるというものでした。

  リンパ液のガンですから、手術で取り除くことも出来ず伯父は10ヶ月間入院して、時には

  無菌室に入りながら抗ガン剤治療を受けました。

  結果、通院は欠かせないものの無事退院でき、今では少しずつ仕事も再開しています。


  そのあいだ、伯父と伯母の助けになったのはまぎれもなく「ガン保険」でした。


  その当時、伯父の子供たちは結婚して独立していたし、家のローンも終わっていたものの、

  伯母は専業主婦でした。

  そのため、伯父の入院とともに収入の道がなくなってしまったのです。

  子供が独立しているから、それほどお金は要らないかもしれない。

 でも、伯母も日々生活していかなくてはならない。

  短期の入院ですむなら、貯金を崩すのもいいと思います。

  しかし、伯父の場合は10ヶ月の入院を必要としました。


  伯父は日額15,000円支給されるガン保険に2口、5,000円支給される保険に1口入っていました。

  日額計35,000円出たのです。

  この金額は、伯父の治療費を払って、伯母の生活費もまかなえる金額でした。  


  そのおかげで伯母は伯父の治療費の心配も、自分の生活費の心配もせずにすみ、

  付きっ切りで伯父の看病をすることができました。


  もしも、伯父がガン保険に加入していなければ、伯父一家は1年近く無収入で、

  貯金を崩して生活しなければいけなかったのです。


  確かに、伯父は普通の人に比べて多額のガン保険に加入していました。

  毎月の掛け金もかなりのものだったと思います。

  しかし、そのおかげで伯父と伯母は生活の心配をすることなく治療を受けることが出来ました。


  「医療保険」と「ガン保険」の違いをご存知でしょうか?

  「医療保険」しか入っていなくても、種類によってはガンになっても治療費は支給されます。

  夫の入っているアフラックのEVER HERFは怪我・病気・ガン全てをカバーしています。

  しかし、「医療保険」の場合では、給付金の支払日数制限があります。

  保険によって違いますが、夫の入っている保険は、普通だと入院60日までしか出ません。

  長期入院特約を付けても120日が限度なのです。


  伯父の長期入院にわたる闘病生活を目の当たりにしていた私は、ガンのときは120日以上の

  入院保障が欲しいと考えました。


  だから、「ガンで入院した場合、日数無制限で日額1万円」のガン保険に追加で加入しました。


  ガンの治療は本人にとっても家族にとっても、長くつらいものです。

  ガン保険」によって家族の経済的負担と精神的負担が軽減されるなら、日本人なら

  「ガン保険」には入っておいたほうがいいと私は思います。






   



←Back Page
                         
                       その他のコンテンツ

私の節約方法 |私の貯金道光熱費節約のススメなるべく得する!食費は月3万円
生命保険を徹底的に見直そう! |生命保険を見直そうガンについて
副収入GET |アフィリエイト編ポイントサイト編
妊娠・出産エトセトラ |妊娠出産お金辞典
マイホーム建築奮戦記 |マイホーム建築奮戦記住宅ローン奮戦記


生命保険を見直そう
保障内容を理解してますか?
公的保障って知ってますか?
公的保障の種類と金額
死亡保障はいくら必要?
高額療養費給付制度って?
上がり続ける自己負担
保障内容を書き出そう!
続々出てきた問題点
見直しは外交員さんとのバトル!?
比較検討して選ぼう!
見直し検討中に事件が!
「事件」に対して考えたこと
見直しBefore&After

ガンについて
ガンについて考えたこと
子宮頸ガンについて
子宮ガンについて
卵巣ガンについて
乳ガンについて
ガン保険について



































































mochaさんちの節約生活 (C)2006 All Rights Reserved