◇運命の土地との出会い◇


   家を建てるにはまず土地が必要です。

  夫婦共に次男、次女の私たちは親から譲り受けるものが何もない。

  つまり、家も土地も自分の力で手に入れなければなりません。


  「一戸建て」を手に入れるというのは私の小学校の時からの夢でした。

  だから19才で就職してから「結婚したら一戸建て!」という夢をココロの中に抱きつつ

  コツコツお金を貯めてきました。



  私の住んでいるところはとっても田舎なので土地は都会の相場よりもかなり安いと思います。

  高いところで坪20万円〜、安ければ坪5万円〜からあります。


  しかも電車も通っていない田舎。というか島。

  車がなければどこにも行けないのです。

  そのため駅近くがいいとか市の中心がいいとかショッピングセンターの近くがいいとか

  ワガママを言う必要もない。

  最寄りの一番大きいショッピングセンター自体も田んぼの真ん中にどーんと建っているんだもの・・・

  運命の土地との出会いは、私の勤めている会社の紹介でした。

  実は私は建設会社に勤めています。

  うちの会社が造成した土地でいいところがあるんだけでmochaさんどう?買わない?

  と声をかけられたことがきっかけでした。


  見るだけ見てみようっとと思って軽い気持ちで見に行った土地が私のハートにどんぴしゃりの

  土地だったのです。

  どんなところがどんぴしゃりだったかというと


  1.保育所、小学校まで徒歩5分。

  2.診療所が徒歩2分。

  3.日用品がそろう小さめのスーパーが徒歩1分。

  4.駐在所が徒歩2分。

  5.休日診療所が車で3分。

  6.広域消防所が車で3分。

  7.私の会社から車で3分。

  8.新興住宅地なので近所付き合いが比較的ラク。

  9.水の心配がなく、地盤が硬い。

  10.上の条件が全部揃っているのに坪15万円と格安!


  と、私的にはこれ以上の条件の良い土地はこの先見付からないだろう!というほどの好条件

  だったのです。

  ただ一つの問題は・・・ ダンナの会社から遠くなってしまうことでした。

  今、私がちが住んでいるアパートはそれぞれの職場から車で20分くらいの所にあります。

  お互いの会社の中間地点にアパートを借りたのです。

  でも、その好条件の土地は私の会社から来るまで3分。

  つまり、ダンナは通勤時間が20分から40分に大幅に増えてしまうことになったのです。


  悩みましたね。この一点は。

  うちのダンナの会社は朝7時30分に始まるのです。 だから6時45分には家を出なきゃいけない・・・

  ということは必然的に私も早く起きなきゃいけないワケで・・・。

  ただでさえ朝は弱いのに・・・。


  私は、この土地を買うことをダンナが反対すると思っていました。

  だって、通勤時間が倍になる上に、早く起きなきゃいけなくなってしまう。

  でも、以外にもダンナが乗り気になってしまったのです。

  ダンナいわく、「これほど条件のいい土地にはもうめぐり合わないだろう」

   「出勤時間が倍になるなんてたいしたことじゃない。1時間かかってたのが2時間になるわけじゃ

  ないんだから(笑)」

  この言葉を決定打として私たちは土地の購入を決めました。


  お値段、約47坪で719万円ナリ。


   おうちblog マイホーム建築奮戦記 公開中




  




                         
                       その他のコンテンツ

私の節約方法私の貯金道光熱費節約のススメなるべく得する!食費は月3万円
生命保険を徹底的に見直そう! |生命保険を見直そうガンについて
副収入GET |アフィリエイト編ポイントサイト編
妊娠・出産エトセトラ |妊娠出産お金辞典
マイホーム建築奮戦記 |マイホーム建築奮戦記住宅ローン奮戦記



mochaさんちの節約生活 (C)2006 All Rights Reserved