◇引越しのコツ◇


   引越しのコツ


  業者が決まったら次はいよいよ引っ越しの準備。

  引っ越しにも色々あります。

  荷造りはすべて業者にしてもらうお任せパックから、小物の荷造りは自分たちでするパックまで。

  業者に小物の荷造りを頼むと当然高く付きますので、我が家は小物の荷造りは全部自分たちで

  行い、家具類は業者に家具の梱包をお願いするというやり方にしました。


  我が家の場合はもう引っ越しは終わったのですが、引っ越しをした後

   「ああ、ここはこうすれば良かった」 「ここはこうしておいて良かった」

  というところが何ヶ所かありました。

   それを書きたいと思います。



  段ボールには中に入っている物の名前と運んで欲しい部屋を書く

   これは基本中の基本ですね。

   これをきちんと書いておかないと引っ越し先で荷物が迷子になるばかりか、スムーズに各部屋に

   荷物を運んでもらえません。

   我が家の場合は新居の間取り図を作り、各部屋に番号を書き込みました。

   (キッチン@、ダイニングA、リビングB、和室Cなど)

   そしてその番号を段ボールに記入し、その間取り図を引っ越し業者さんに渡しました。

   引っ越し業者さんはそれを見て荷物を運んでくれたので、搬入作業がとてもスムーズに

   進みました。


  奥の部屋から荷造りをしよう

   荷造りは奥の部屋からしましょう。

   玄関に近い部屋から荷造りすると段ボールの山で玄関や廊下などがふさがってしまいうことに

   なりかねません。

   荷造りは「奥の部屋から」「普段使わないものから」が基本です。


  普段使わない物から梱包しよう

   荷造りは普段使わない物から順に梱包していきましょう。

   我が家は春に引っ越したので夏、冬物の衣類などは1ヶ月程前から梱包していました。


  普段使っている物は一番後に梱包しよう

   これもまたまた基本ですが、普段使っている物や引っ越し後すぐ使う物は前日の夜か

   当日の朝に梱包しましょう。

   (歯ブラシ、シャンプー類、石鹸類、下着、食器、調味料、携帯電話、充電機など)

   我が家の場合は次の日に使う予定の服、タオル、歯ブラシなどだけ残して前日の夜に全部梱包

   しました。

   そして、引っ越しの朝、使用すると同時に小さめの段ボールに放り込みそれは自分たちで運び

   ました。

   食器類、調味料などは前々日に全部梱包しちゃいました。

   つまり引っ越し前日は外食したのです。

   引っ越し前日にバタバタするのはイヤだったもので(^^;


  大きい段ボールには軽い物(服など)を、小さい段ボールには重い物(食器など)を入れる

   引越しのときに大きな段ボールに重い物を目一杯詰め込んでしまうと、持ち上げられなくなる

   ばかりかひどい時には底が抜けてしまう事もあります。  

   そのため、大きい箱には軽い物、小さい箱には重い物を詰めましょう。


  食器の梱包は丁寧に

   食器の梱包は面倒でも一枚一枚新聞紙に包んで梱包しましょう。

   食器類、特にグラス類は割れやすいです。

   私も気を付けて梱包したはずですがグラスが2点ほど割れてしまいました。

   梱包後、段ボールを持ち上げて揺らしてみて少しでも中でカタカタと音がするようなら緩衝材

   として新聞紙をきっちりと詰め込みましょう。


  刃物類の梱包は慎重に

   刃物類は特に厳重に新聞紙でぐるぐる巻きにし、必ず目立つように「包丁」などと書いておき

   ましょう。

   もし書いていなければ荷ほどきの時、ケガをする事になりかねません。


  調味料類も慎重に

   開封済みの調味料類はビニール袋に入れてから立てて段ボールに詰めましょう。

   揺れて、調味液がもれてしまう可能性があります。

   緩衝材もきっちりと詰めましょう。


  冷蔵庫

   業者によって差があると思いますが、前日までに中を空にしてコンセントを抜き、霜取りをして

   おきましょう。


  洗濯機

   これも業者によって差があると思いますが、前日にはコンセントを抜き、水抜きをしておきましょう。


  貴重品は自分で持つ

   通帳、印鑑、証書、宝石類、時計などの貴重品は自分で運ぶようにしましょう。

   ひとまとめにして肌身離さず持っておくようにしましょう。


  テレビ、ビデオ類など

   前日にはコンセントを抜き、コード類をひとまとめにしてくくっておきましょう。

   その際、コードに「テレビ」「ビデオ」などを書いて貼り付けておくと後で分かりやすいです。


  パソコン類

   パソコン、プリンター、スキャナーなどのパソコン周辺機器も同じく前日にはコンセントを抜き、
   
   コード類 はひとまとめにしてくくっておきましょう。
   
   その際、コードに「パソコン」「スキャナー」などと書いて貼り付けておきましょう。

   なお、万が一のことを考えてパソコンのバックアップをとっておきましょう。



  それと、引っ越しが終わっていちばん後悔したこと!

  それはビデオ撮影が一切出来なかったということです。


  新居への引っ越しなんておそらく一生のうち1回しか経験しないでしょう。

  ぜひともビデオ撮影したかった。

  前日にテープを装備し、充電も満タン。


  ビデオを握りしめてスタンバイしていたのに・・・ 撮影する時間なんてちょっともありませんでした。


  なぜって? 引っ越し屋さんからずっと質問されるんです。

  「この荷物はどこに?」

  「1階ですか?2階ですか?」

  その質問に答えるのが精一杯でビデオ撮影するヒマなんぞありませんでした。

  引っ越しに関しての唯一の心残りです・・・


  ですから、引っ越しの様子を映像として残しておきたい方は第三者(友人とか)にビデオ係を頼む
  
  ことをオススメします。





  



←Back Page||→Next Page
                         
                         その他のコンテンツ

私の節約方法私の貯金道光熱費節約のススメなるべく得する!食費は月3万円
生命保険を徹底的に見直そう! |生命保険を見直そうガンについて
副収入GET |アフィリエイト編ポイントサイト編
妊娠・出産エトセトラ |妊娠出産お金辞典
マイホーム建築奮戦記 |マイホーム建築奮戦記住宅ローン奮戦記








mochaさんちの節約生活 (C)2006 All Rights Reserved