◇意外とかかる諸費用◇


   住宅ローンの借入にも費用がかかります。 私はこれを知りませんでした。

   ですから、いざローンの話を詰めに行った時に聞いてびっくりしました・・・。

   私が世間知らずだったのと、下調べが不十分すぎただけなのですけどね。


   私は1600万円借りるつもりでした。

   1600万円借りるということは純粋に1600万円を通帳に振り込まれると思っていたのです。

   しかし、実際はお金を借りるときに事務手数料、保証料などがかかります。

   それらを差し引いた金額が通帳に振り込まれるのです。


   我が家の場合は、事務手数料、保証料が40万円ほどかかったため、実際に振り込まれたのは

   1560万円でした。


   このほかにも、いろいろ必要な諸経費があります。

   下に書き出したので参考にしてください。


     費   用   一   覧
事務手数料  金融機関によって金額が異なります。
保証料  住宅ローンを支払えなくなる場合に備えて保証会社に
 保証を依頼した場合に必要となります。
 保証料は借入額と返済期間によって決定されます。
 不要な金融会社もあります。
団体信用生命保険料  ローンが色々な理由で返せなくなったとき、残りのローンを支払う
 ために加入する生命保険の保険料です。
 保険料は借入金額と返済期間にて決定されます。
  加入するかしないかは任意ですが、民間の金融会社では強制の
 ところが多いです。
 金融会社が負担してくれるところもあります。
火災保険料  任意の保険ですが一般的に加入する人が多いです。
 保険料は建物の大きさ、施工方法など条件によって違います。
地震保険料  火災保険のみでは地震を原因とした火災は保険対象外のため
 火災保険に入らずに地震保険に入る人もいます。
 保険会社によっては、すべての自然災害、家財道具などを保証
 しているところもあります。
印紙代  売買契約書と金銭消費貸借契約書に貼りつけます。
 金額は借入金額によって違います。
土地・建物の
登録免許税
 抵当権設定を登記する際に必要となります。
司法手数料1  抵当権設定登記を司法書士に依頼した時に必要となります。
司法手数料2  住宅取得に関する手続き一式を司法書士に依頼したときに必要
 となります。




  我が家で実際にかかった金額をまとめて見ました。


 我 が 家 で か か っ た 金 額
事務手数料  0円
保証料  379,000円
 (1600万円を35年間借りた場合)
団体信用生命保険料  0円
 (金融会社負担)
火災保険料  82,690円
 (35年分一括払い)
地震保険料  68,930円
 (年1回払い)
印紙代  84,600円
土地・建物の
登録免許税
 20,800円
司法手数料1  30,000円
司法手数料2  260,000円
建物表題登記料  71,000円



  かかった諸費用の合計 997,020円ナリ・・・


  これだけの金額が家を建てるいがいにかかりました。

  結構どころか、びっくりするほどかかるものなのですね。


  ただし、 私は火災保険(強制)に加えて地震保険(任意)に加入したのでその分保険料が高くつきました。

  どうしようか悩んだのですが、私はあの阪神淡路大震災の震源地に住んでいます。

  そしていつか起こるといわれている南海大地震の範囲にもばっちり入っています。

   念には念を入れて・・・という感じです。


  火災保険と地震保険については別の項目で詳しく書きたいと思います。

  ちなみに保証料、火災保険料は借入金を35年間で返すということを前提に設定されています。

  なので、繰上返済をしてはやめに返しきるとそのぶんもどってきます。





   おうちblog マイホーム建築奮戦記 公開中




  


←Back Page||→Next Page
                         
                       その他のコンテンツ

私の節約方法私の貯金道光熱費節約のススメなるべく得する!食費は月3万円
生命保険を徹底的に見直そう! |生命保険を見直そうガンについて
副収入GET |アフィリエイト編ポイントサイト編
妊娠・出産エトセトラ |妊娠出産お金辞典
マイホーム建築奮戦記 |マイホーム建築奮戦記住宅ローン奮戦記






mochaさんちの節約生活 (C)2006 All Rights Reserved